三斎市(読み)サンサイイチ

大辞林 第三版の解説

さんさいいち【三斎市】

平安末期から江戸時代にかけて、月に三回開かれた定期市。五日市・八日市など市開催日にちなんだ地名が各地に残る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三斎市
さんさいいち

月のうち3日開かれた中世定期市。史料的には平安末期から成立が認められるが、鎌倉時代には農業や手工業の生産力の向上、銭貨(せんか)流通の増大、荘園(しょうえん)年貢物の換貨・銭納などを背景に、全国の荘園、公領に成立した。三斎市のいわれは、仏教の法会や行事と関連して市が開かれたことに由来するものであろうが、中世にはかならずしもそれとかかわりなく、個々の地域の経済事情で市日が決定され、開かれるようになった。市はおもに社寺門前、水陸交通の要地、荘園政所(まんどころ)や地頭館(じとうやかた)の近くに開かれた。今日各地に残されている二日市、三日市、四日市、八日市など、市開催日にちなんだ地名は、中世三斎市の名残(なごり)を示すものが多い。[佐々木銀弥]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の三斎市の言及

【市】より

…国津や社寺の門前にも市が立ちはじめ,干支による辰市や酉市なども開かれた。鎌倉期になると,月3度の定期市,いわゆる三斎市が多くなる。幕府の膝下,鎌倉では,1251年(建長3),大町など7ヵ所に市立ての場所が定められ,65年(文永2)は9ヵ所に増加している。…

※「三斎市」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android