コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三橋検校 みつはしけんぎょう

3件 の用語解説(三橋検校の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三橋検校
みつはしけんぎょう

[生]?
[没]宝暦10(1760)
江戸時代中期の盲人の箏曲演奏家,作曲家。都名 (いちな) は弥之都。師堂派。倉橋検校 (生田検校門下) 門下。弟子に菊崎検校,清橋勾当,冨野勾当らがいる。長谷富検校より以前に江戸に下り,初めて生田流を江戸に広めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三橋検校 みつはしけんぎょう

?-1760 江戸時代中期の箏曲(そうきょく)家。
近江(おうみ)(滋賀県)膳所(ぜぜ)藩の家老の子。京都の倉橋検校門下で,越中富山藩にかかえられた。作曲に「宮の鶯(うぐいす)」「雪月花」など。江戸生田(いくた)流の祖。宝暦10年2月9日死去。享年は68歳前後。名は弥之一。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

みつはしけんぎょう【三橋検校】

1693?‐1760(元禄6?‐宝暦10)
盲人音楽家。箏曲江戸生田流の祖。都名(いちな)は弥之一,八重一,または勾都(こうのいち)。もと近江の膳所(ぜぜ)藩家老の次男とも。京の倉橋検校の門下。富山藩の前田利幸に召され,三味線の名手島田検校に認められる。富山およびその江戸屋敷で,生田流箏曲を教える。1736年(元文1)検校に登官。倉橋門下の弟弟子とされる京の安村検校と対立し,組歌の新曲を数多く作る。とくに《宮の鶯》は,安村の《飛燕の曲》との競作と思われ,後の光崎検校の《秋風の曲》に影響を与えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の三橋検校の言及

【四穴】より

…一竹(いつちく)ともいう。箏を調弦するときに用いられる調子笛の一種で,18世紀前期ごろの三橋(みつはし)検校の創案ともいわれる。江戸時代の盲人箏曲家に用いられたが,現在でも使用する人がある。…

【六玉川】より

…(1)を題材として作られたもので,箏曲の組歌,富本,清元,山田流箏曲,新内節,長唄などにある。箏曲の組歌は宝暦(1751‐64)ころ三橋(みつはし)検校の作曲。富本は本名題を《草枕露の玉歌和(たまがわ)》,1846年(弘化3)3世鳥羽屋里長(とばやりちよう)の作品が現在も残る。…

※「三橋検校」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

三橋検校の関連キーワード市浦検校地歌臼の声中島雅楽之都音楽家上原真佐喜山登検校市浦検校(初代)佐藤左久藤植検校

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone