三次藩(読み)みよしはん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三次藩
みよしはん

備後(びんご)国三次地方(広島県三次市)を領有した広島藩の支藩。1632年(寛永9)広島藩を襲封した浅野光晟(みつあきら)は、庶兄浅野長治(ながはる)に三次・恵蘇(えそ)両郡を中心に5万石を割いて分知。長照(ながてる)、長澄(ながずみ)、長経(ながつね)、長寔(ながざね)と5代続いたが、1720年(享保5)長寔が幼少で病没、嗣子(しし)なく遺領は本藩へ還付された。初代長治は、積極的に藩体制の整備を進め、藩経済の自立に取り組むが、備後北部の低生産地帯に立地していたため、当初から藩財政の窮乏状態を抱えていた。幕府公役や参勤交代、江戸滞在費などの多くは、京・大坂町人からの借銀、本藩援助を仰いだが、累積した借銀は、1674年(延宝2)に1480貫目、元禄(げんろく)初年(17世紀末)には「大借銀御難儀」という有様であった。藩は1669年(寛文9)以前から藩札を発行したり、1686年(貞享3)から1714年(正徳4)までに、侍・切米取(きりまいどり)・扶持人(ふちにん)141人に及ぶ大量召放(めしはな)ちを断行して財政軽減を図った。そして、1699年(元禄12)諸藩を渡り歩き藩政改革請負人(うけおいにん)といわれる松波勘十郎(まつなみかんじゅうろう)を京都から招いて、年貢の総米納、国産鉄・紙の買占め、家中知行(ちぎょう)の総借り上げと藩札支給などを主体とする徹底した藩政改革を実施し、領内の米・物産のすべてを大坂に積み登らせ、換銀して借銀払いに充当しようとした。しかし、この改革は3年後に挫折(ざせつ)し、1713年(正徳3)、18年(享保3)両度にわたる全藩一揆(いっき)の主原因となった。[土井作治]
『『三次分家済美録』(1980・広島県双三郡・三次市史料総覧刊行会) ▽『広島県史 近世 1』(1981・広島県)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の三次藩の言及

【広島藩】より

…浅野氏の支配は12代,廃藩に至るまで続く。その間,光晟襲封の1632年(寛永9)庶兄長治を分封して三次(みよし)藩5万石の支藩を立てたが,これは1720年(享保5)5代長寔(ながざね)の早世で嗣を絶ち,封土は本藩に復した。その後30年,蔵米3万石を分けて内証分家青山家を立てたが,幕末・維新期の本藩主を継いだ長訓(ながみち),長勲(ながこと)はその出である。…

【備後国】より

… 19年(元和5)福島正則は広島城の無許可修築を理由に改易となり,広島に浅野長晟(ながあきら)(42万石),福山に水野勝成(かつなり)(10万石)が入封し,備後国は北部を中心に8郡が広島藩領,南部を中心に7郡が福山藩領となり,新たに福山の地に10万石の城下町が誕生した。32年(寛永9)広島藩主浅野光晟は,庶兄長治に三次・恵蘇両郡を中心に5万石を分与し,支藩として三次藩を成立させた。三次藩は5代続いたが1720年(享保5)継嗣断絶のため廃止され,遺領は再び広島藩に還付された。…

【三次[市]】より

…中世には〈三吉〉と記されることが多かったが,1664年(寛文4)三次に改められた。1632年(寛永9)広島藩から分知された三次藩5万石の城下町となり,藩主居館を囲んで家中町(のち沖之原町,さらに内町と改称),郷村市場の系譜をひく五日市・十日市両町が町人町を形成した。町政は町奉行支配のもと各町の町年寄以下の役人により運営された。…

※「三次藩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android