コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三道具(読み)みつどうぐ

世界大百科事典 第2版の解説

みつどうぐ【三道具】

江戸時代における犯罪者逮捕のための3種の武器(図)。袖搦(そでがらみ)(錑(もじり)),突棒(つくぼう),刺股(さすまた)をいう。いずれも長柄捕道具(とりどうぐ)で,激しく抵抗する犯人を取り押さえるのに,六尺棒梯子(はしご)などとともに用いた。警察権,刑罰権を象徴するものとして,見付,関所辻番所に常備され,また磔(はりつけ),火罪(火焙(ひあぶり))などの執行前にする引廻し(ひきまわし)の行列に連なった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三道具の関連情報