コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三道具 みつどうぐ

世界大百科事典 第2版の解説

みつどうぐ【三道具】

江戸時代における犯罪者逮捕のための3種の武器(図)。袖搦(そでがらみ)(錑(もじり)),突棒(つくぼう),刺股(さすまた)をいう。いずれも長柄捕道具(とりどうぐ)で,激しく抵抗する犯人を取り押さえるのに,六尺棒梯子(はしご)などとともに用いた。警察権,刑罰権を象徴するものとして,見付,関所辻番所に常備され,また磔(はりつけ),火罪(火焙(ひあぶり))などの執行前にする引廻し(ひきまわし)の行列に連なった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

三道具の関連キーワード江戸時代

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三道具の関連情報