三道具(読み)みつどうぐ

  • みつどうぐ ‥ダウグ

世界大百科事典 第2版の解説

江戸時代における犯罪者逮捕のための3種の武器(図)。袖搦(そでがらみ)(錑(もじり)),突棒(つくぼう),刺股(さすまた)をいう。いずれも長柄捕道具(とりどうぐ)で,激しく抵抗する犯人を取り押さえるのに,六尺棒,梯子(はしご)などとともに用いた。警察権,刑罰権を象徴するものとして,見付,関所や辻番所に常備され,また(はりつけ),火罪(火焙(ひあぶり))などの執行前にする引廻し(ひきまわし)の行列に連なった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 江戸時代、罪人を捕えるのに用いる三つの道具。突棒(つくぼう)・刺股(さすまた)・袖搦(そでがらみ)の称。
※最後の一句(1915)〈森鴎外〉「同心等が三道具(ミツダウグ)を衝き立てて」
② 拘禁に用いる三つの道具。手枷(てかせ)・足枷・首枷の称。
③ 三つの懐中道具。錐(きり)・小刀・鋏(はさみ)の称。
④ 三つの農具。鋤(すき)・鍬(くわ)・鎌(かま)の称。
⑤ 鯛の頭部にある、鋤・鍬・鎌に似た三つの骨。三つ骨。
※歌舞伎・群清滝贔屓勢力(1867)大切「江戸浦の鯛を一枚進ぜるが、其三(ミ)つ道具(ダウグ)の鋤鍬をとった腕ぢゃあ切りにくからう」
⑥ 和船が使う多数の船道具のうち、最も重要な三つのもの。近世の廻船ではふつう帆柱・帆桁・舵。また、帆桁の代わりに伝馬船を入れる場合も多く、幕末期以後はこの四つをもって「四つ道具」と呼ぶ。〔和漢船用集(1766)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android