コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

袖搦 そでがらみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

袖搦
そでがらみ

江戸時代の捕物道具の一つ。長い柄の頭部に多くの鉄釘を上下につけ,相手の袖にからませて引倒して縄を打った。柄の長さは7尺5寸 (2.3m) 。刺股 (さすまた) ,突棒と合せて捕物三つ道具といい,これに寄棒,早縄,松明 (たいまつ) を加えて警固六具の六つ道具とする。またの名を捻止,もじり,狼牙棒 (ろうげぼう) とか,単に搦という。 (→捕手術 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

袖搦
そでがらみ

江戸時代、罪人を逮捕するのに用いた長柄(ながえ)の寄(より)道具とよばれた一種の武具。(もじり)ともいう。刺股(さすまた)、突棒(つくぼう)とともに番所などに威武も兼ねて立て並べられた番所の三つ道具、捕物の三つ道具である。1.8メートルから2.7メートル程度の長い柄の先端に、物を絡みつけるための鉤針(かぎばり)状の鉄鉤を多く取り付け、それに続く柄の部分にも、相手が握れないように鉄釘(くぎ)を打ち付けたもの。頭髪や衣服に絡んで引き倒す武器である。狼牙棒(ろうげぼう)という中国の武具に由来するという。[齋藤愼一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の袖搦の言及

【三道具】より

…江戸時代における犯罪者逮捕のための3種の武器(図)。袖搦(そでがらみ)(錑(もじり)),突棒(つくぼう),刺股(さすまた)をいう。いずれも長柄の捕道具(とりどうぐ)で,激しく抵抗する犯人を取り押さえるのに,六尺棒,梯子(はしご)などとともに用いた。…

※「袖搦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

袖搦の関連情報