三銃士(読み)さんじゅうし(英語表記)Les Trois Mousquetaires

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三銃士
さんじゅうし
Les Trois Mousquetaires

フランスの小説家アレクサンドル・デュマ (ペール) の代表作。 1844年刊。ガスコーニュ出身の好漢ダルタニャンと3人の銃士アトスアラミス,ポルトスが,権力欲のため王妃の失墜をはかる宰相リシュリューとその手先の妖艶な悪女ミレディの奸計に立ち向い,縦横無尽の活躍をする。陰謀,恋,冒険など波乱に満ち,4人の性格の描き分けと相まって歴史小説の傑作とされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さんじゅうし【三銃士】

《原題、〈フランス〉Les Trois Mousquetaires大デュマの冒険歴史小説。1844年刊。ルイ13世時代を背景に、青年ダルタニアンとその友人の三銃士、アトス・ポルトス・アラミスの活躍を描く。「二〇年後」「ブラジュロンヌ子爵」とともに「ダルタニアン物語」三部作を構成。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

三銃士【さんじゅうし】

デュマ(父)の歴史小説。《Les trois mousquetaires》。1844年作。ガスコーニュ出身の青年剣客ダルタニャンが偶然の決闘から知り合った近衛(このえ)三銃士とともに,時の宰相リシュリューの陰謀を打ち砕くべく縦横無尽に活躍するという筋で,史実と自由奔放な空想とを取り混ぜた痛快な物語。《二十年後》《ブラジュロンヌ子爵》とともに三部作をなす。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

三銃士

2003年初演のミュージカル。原題《3 Musketiere》。作詞・作曲:ロブ・ボーランド、フェルディ・ボーランド。アレクサンドル・デュマ(大デュマ)の同名の小説に基づく。日本では2011年に東宝により初演。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さんじゅうし【三銃士 Les trois mousquetaires】

フランスの作家デュマ(父)の歴史小説。1844年作。オーギュスト・マケの協力を得て,クルティス・ド・サンドラの《国王の銃士隊副隊長ダルタニャン氏の回想録》(1700)をもとに書いたものである。1842年から43年にかけて,《デバ》紙に連載された最初の新聞小説シューの《パリの秘密》がおびただしい数の読者を集めたので,競争紙である《シエークル》は,当代随一の人気作家デュマに高額の原稿料で執筆を依頼し,予期したとおり空前の大成功を収めた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さんじゅうし【三銃士】

冒険歴史小説。デュマ作。1844年刊。快男子ダルタニアンとアトス・ポルトス・アラミスの三人の近衛兵が宰相リシュリューの権勢や女スパイ、ミレディの陰謀に抗して縦横の活躍をする。「二〇年後」「ブラジュロヌ子爵」と三部作をなす。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三銃士
さんじゅうし
Les Trois Mousquetaires

フランスの作家アレクサンドル・デュマ(大デュマ)の長編冒険小説。1844年3~7月、新聞『世紀』に連載。それまでの劇作家デュマに小説家としての名声を加えた。17世紀初頭のフランス、ルイ13世と宰相リシュリュー枢機卿(すうききょう)が対立を続け、一方新教徒たちはイギリス王権の勢力と結託し、国内の秩序を脅かしつつある。登場人物アトス、アラミス、ポルトスは国王側の近衛(このえ)銃士で、そこにガスコーニュの田舎(いなか)から出てきた若い騎士ダルタニヤンが加わり、楽天的で友情に厚い4人組ができあがり、次々と冒険をくぐり抜ける。最後まで正体不明の悪魔的女性ミレディーも読者の興味をひきつける。デュマは続編に、それぞれ大部の小説、『二十年後』(1845)、『ブラジュロンヌ子爵』(1848~50)を残している。[宮原 信]
『生島遼一訳『三銃士』全4冊(岩波文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

さんじゅうし【三銃士】

(原題Les Trois Mousquetaires) 長編歴史小説。アレクサンドル=デュマ(父)作。一八四四年発表。ルイ一三世の代、堅い友情で結ばれたダルタニアンと近衛の三銃士、アトス、ポルトス、アラミスが、リシュリュー枢機官やミレディの策略・陰謀と戦ったすえ勝利を得るという筋。「二〇年後」「ブラジュロンヌ子爵」とともに三部作を成す。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の三銃士の言及

【ガスコーニュ】より

…こうした戦乱の伝統の生んだ勇猛で好戦的な気風は近代にも生き残り,多くの若者たちが土地の貧しさから,富と出世の機会を軍隊に求め故郷を離れた。デュマ作《三銃士》は,こうしたガスコーニュの若者たちを主人公に,彼らの冒険好きでほら吹きで,空威張りの気味はあるが友情に厚い気質(ガスコンかたぎ)をえがいている。 ピレネー地方には,西から,バスク,ベアルン,ビゴール,コマンジュの4地方が区別される。…

※「三銃士」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三銃士の関連情報