コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芹沢鴨 せりざわかも

8件 の用語解説(芹沢鴨の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

芹沢鴨
せりざわかも

[生]?
[没]文久3(1863).9.16. 京都
江戸時代末期の水戸の浪士。新撰組局長。本名木村継次。江戸幕府は,文久3 (1863) 年1月不穏浪士取締りのため,芹沢鴨清河八郎近藤勇らに浪士を組織させ,将軍警護の名のもとに同2月京都へ送った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せりざわ‐かも〔せりざは‐〕【芹沢鴨】

[?~1863]幕末の水戸藩浪士。本名、木村継次。幕府の浪士組編成に参加、近藤勇らと新撰組を結成。やがて近藤派と反目し暗殺された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

芹沢鴨【せりざわかも】

幕末の水戸藩浪士。1862年幕府の浪人募集に応じて浪士組に加入,京都に上り翌年近藤勇らと新撰組を組織,初代隊長となり,反幕尊攘派志士の弾圧に力を振るった。京都豪商への金品無心がはなはだしかったことなどもあって近藤方の手で謀殺された。
→関連項目土方歳三

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

芹沢鴨 せりざわ-かも

?-1863 幕末の武士。
常陸(ひたち)(茨城県)芹沢村の郷士。文久3年幕府募集の浪士組にくわわり京都にゆく。近藤勇,新見錦(にいみ-にしき)らと新選組を結成,局長となる。文久3年9月18日対立した近藤派の沖田総司らに暗殺された。変名は下村(木村)継次(つぐじ)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

芹沢鴨

没年:文久3.9.18(1863.10.30)
生年:文政10(1827)
幕末維新期の新選組局長。名を光幹,通称をはじめ竜寿といった。変名を下村(木村)継次。常陸国(茨城県)玉造の芹沢城主の後裔芹沢貞幹の3男。文久3(1863)年清河八郎の献策による上洛浪士の一員として三番隊小頭になった。近藤勇,土方歳三らと新選組を結成,近藤,新見錦と共に新選組局長となり,8月18日の政変に参加。しかし,大坂の鴻池善右衛門に200両の借財を強要したり,京都の大和屋庄兵衛に隊費の借用を迫って暴行を働くなど素行は粗暴極まりなく,芹沢暗殺の秘命が松平容保から近藤に下される。島原角楼の宴会後,宿舎の八木邸において同志平山五郎と共に斬殺された。<参考文献>永倉新八『新撰組顛末記』

(釣洋一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

せりざわかも【芹沢鴨】

?‐1863(文久3)
新撰組の初代隊長。本名木村継次。水戸藩出身。剣は戸ヶ崎熊太郎門で神道無念流を修めた。1862年幕府の募った浪士組に加わり,翌年2月京都へ上る。尊王攘夷を説く清川八郎らが江戸に戻されたのちも京都に残留,近藤勇,土方歳三らと新撰組を結成しその隊長となる。尊攘派志士弾圧に力をふるうが,性格は冷酷で京都豪商への金品無心などもはなはだしく,同年9月に近藤方の手で暗殺された。【高木 俊輔】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

せりざわかも【芹沢鴨】

?~1863) 幕末の水戸藩浪士。本名、木村継次。近藤勇らと新選組を組織して、隊長となる。のち近藤らに殺害された。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

芹沢鴨
せりざわかも
(?―1863)

幕末期の水戸(みと)藩浪士、新選組初期の局長。本名木村継次(つぐじ)。神道(しんとう)無念流の戸賀崎(とがさき)熊太郎に剣を学ぶ。清河八郎献策による浪士募集に応じ、水戸出身の新見錦(にいみにしき)、平山五郎、平間重助(ひらまじゅうすけ)、野口健司らと上洛(じょうらく)。のち、近藤勇(いさみ)とともに京都に残り新選組を結成した。当初の局長は、芹沢、近藤、新見の3人であった。新見は局中法度(はっと)を破った理由で近藤に切腹させられ、芹沢は性質粗暴、酒乱のため1863年(文久3)9月18日夜、近藤派の暗殺により斬死(ざんし)した。遺骸(いがい)は壬生(みぶ)寺(京都市中京(なかぎょう)区)に埋葬された。なお、芹沢は水戸の天狗(てんぐ)党に属していたというが、明確な資料はない。[小島政孝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

芹沢鴨の関連キーワード土方歳三新撰組・新選組新選組の日新選組!土方歳三 最期の一日血煙り新選組/人間の剣 幕末維新編1虹の生涯/新選組義勇伝NHK大河ドラマ藤堂平助宮地正人昭和の新選組

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

芹沢鴨の関連情報