コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三階節/三界節 サンガイブシ

6件 の用語解説(三階節/三界節の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さんがい‐ぶし【三階節/三界節】

新潟県柏崎地方の民謡。盆踊り歌。のち「米山(よねやま)さんから雲が出た」の歌い出しで、座敷歌として流行。曲名は、同じ文句を3回繰り返すからとも、仏教の三界からともいう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

三階節【さんがいぶし】

新潟県柏崎地方の民謡。三味線伴奏の座敷歌と《野良三階節》ともいわれる盆踊歌がある。曲名は歌詞の終りの句を三回くり返すことから,《三回節》→《三階節》とする説と,元歌の内容による説がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

三階節

新潟県柏崎市周辺の民謡『三界節』の別称。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

さんがいぶし【三階節】

《ヤラシャレ節》ともいい,新潟県柏崎地方の古い盆踊歌。現在は花柳界のお座敷歌もある。元歌〈しげさしげさと声にしやる しげさの御勧化(ごかんけ) 山坂越えても参りたや〉から《三界節》と記す説もあるが,記録《柏崎文庫》によれば,同一歌詞を3度くり返すところからの命名と思われる。また1828年(文政11)ころ,三都に流行した《ヤッショメ節》と《三階節》との先後関係は明らかでないが,曲型からは柏崎に近い刈羽(かりわ)郡黒姫村(現,柏崎市)に遺存する《おいな》もしくは中魚沼郡仙田村(現,川西町)の《しゅげさ》という盆踊歌が原調らしく,《三階節》はその変化と思われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さんがいぶし【三階節】

〔同じ文句を三回繰り返すからとも、仏教の三界からともいう〕
新潟県柏崎市の民謡で、盆踊り唄・お座敷唄。1828年頃流行したやっしょめ節が伝えられ、「米山さんから雲が出た」の歌詞で、花柳界のお座敷唄として唄われるうち一般にも広まった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三階節
さんがいぶし

新潟県の民謡。日本海に面した柏崎(かしわざき)地方の花柳界ではお座敷唄(うた)、農村では盆踊り唄として歌われてきた。この唄の源流は、江戸時代の文政(ぶんせい)年間(1818~30)江戸や京都、大坂などで流行した『ヤッショメ節』だといわれている。囃子詞(はやしことば)に「ヤラシャレ」と入るので「ヤリャシャレ節」、あるいは唄の文句の一つに「しゅげさ」とあるので「シュゲサ」ともよばれることがあった。いまの題名の『三階節』は、この唄が坊さんの勧化(かんげ)を歌っているのだから仏教語の「三界」からきているという説と、同じ文句を3回繰り返すところがあるので三階の字をあてたという説がある。勝太郎がレコードに吹き込んでから、全国的に知られるようになった。[斎藤 明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三階節/三界節の関連キーワード新潟県柏崎市飯塚新潟県柏崎市椎谷新潟県柏崎市新道新潟県柏崎市曾地新潟県柏崎市田屋新潟県柏崎市剣新潟県柏崎市堀新潟県柏崎市緑町新潟県柏崎市宮川《ヤラシャレ節》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone