コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上之保 かみのほ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

上之保
かみのほ

岐阜県中南部、武儀(むぎ)郡にあった旧村名(上之保村(むら))。現在は関市の北東部を占める地域。旧上之保村は2005年(平成17)武芸川(むげがわ)、武儀(むぎ)2町、洞戸(ほらど)、板取(いたどり)2村とともに関市に編入。旧村域は、長良(ながら)川の支流津保(つぼ)川の最上流の奥地にあって、住民は多くの小集落に分かれて、樹枝状の狭い谷沿いに分散して居住。米、茶などのほか、シイタケ、ユズなどの産がある。また、ヒノキ、スギの造林が進んでおり、製材、家具製造などが行われ、とくに国産材を使用した木造住宅産業に力を注いでいる。地域外へ通勤する者がかなり多い。円空仏があることで知られる不動堂がある。[上島正徳]
『『上之保村誌』(1976・上之保村)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

上之保の関連キーワード武芸川[町]岐阜県関市関(市)武芸川板取洞戸

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上之保の関連情報