板取(読み)いたどり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

板取
いたどり

岐阜県中南部,関市北西端の旧村域。両白山地の南斜面,長良川の支流板取川の上流域にある。 1889年村制。 2005年市に編入。スギ,ヒノキなどの産地。かつて和紙の産地として知られた。川沿いに川浦渓谷,21世紀の森などの行楽地があり,キャンプ場も多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

板取
いたどり

岐阜県中南部、武儀(むぎ)郡にあった旧村名(板取村(むら))。現在は関市の北西部を占める地域。旧板取村は2005年(平成17)武芸川(むげがわ)、武儀(むぎ)2町、洞戸(ほらど)、上之保(かみのほ)2村とともに関市に編入合併。旧村域は、長良(ながら)川の支流板取川の上流部にあたり、北は福井県に接する。標高1000メートル以上の山を抱える広大な山地に囲まれ、スギの造林地も広く、集落は川沿いに点在する。南部を国道256号が通り、岐阜方面からの交通の便も開け、板取川の清流沿いにはキャンプ場が多く、夏を中心に春から秋にかけて訪れる人が多い。また繊維、縫製、研磨などの工業も導入されている。[上島正徳]
『渡辺賢雄著『板取村の歴史』(1967・郷土史発行後援会) ▽『板取村史』(1982・板取村)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

板取の関連情報