コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洞戸 ほらど

2件 の用語解説(洞戸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

洞戸
ほらど

岐阜県中南部,関市北西部の旧村域。長良川の支流板取川中流部にある。 1897年村制。 2005年関市に編入。大部分が山林で,スギの美林が広がる。木材,家具を産出。特産物にシイタケキーウィフルーツ,味噌などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

洞戸
ほらど

岐阜県中南部、武儀(むぎ)郡にあった旧村名(洞戸村(むら))。現在は関市北西部を占める地域。旧洞戸村は2005年(平成17)武芸川(むげがわ)、武儀(むぎ)の2町、板取(いたどり)、上之保(かみのほ)の2村とともに関市に編入合併。旧村域は、美濃(みの)市西部に接し、長良(ながら)川の支流板取川に沿う。地域の中心は国道256号に沿った市場・通元寺地区で、商店が多い。耕地は少ないが、スギなどの人工造林が発達。近年はキウイフルーツの栽培が盛ん。工業では家具製造が注目され、縫製加工、関刃物の研磨も行われる。岐阜、美濃など他地域への通勤者が多く、人口の減少が続いている。北東部の高賀(こうが)山(1224メートル)の南麓(なんろく)には、かつて古くからの山岳信仰の拠点高賀神社の宗教集落があった。[上島正徳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

洞戸の関連キーワード板取川美濃中濃奥長良川の秘水岐阜市長良川鵜飼伝承館富加[町]岐阜県関市北天神岐阜県岐阜市長良岐阜県関市北仙房武儀〈町〉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

洞戸の関連情報