コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洞戸 ほらど

2件 の用語解説(洞戸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

洞戸
ほらど

岐阜県中南部,関市北西部の旧村域。長良川の支流板取川中流部にある。 1897年村制。 2005年関市に編入。大部分が山林で,スギの美林が広がる。木材,家具を産出。特産物にシイタケキーウィフルーツ,味噌などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

洞戸
ほらど

岐阜県中南部、武儀(むぎ)郡にあった旧村名(洞戸村(むら))。現在は関市北西部を占める地域。旧洞戸村は2005年(平成17)武芸川(むげがわ)、武儀(むぎ)の2町、板取(いたどり)、上之保(かみのほ)の2村とともに関市に編入合併。旧村域は、美濃(みの)市西部に接し、長良(ながら)川の支流板取川に沿う。地域の中心は国道256号に沿った市場・通元寺地区で、商店が多い。耕地は少ないが、スギなどの人工造林が発達。近年はキウイフルーツの栽培が盛ん。工業では家具製造が注目され、縫製加工、関刃物の研磨も行われる。岐阜、美濃など他地域への通勤者が多く、人口の減少が続いている。北東部の高賀(こうが)山(1224メートル)の南麓(なんろく)には、かつて古くからの山岳信仰の拠点高賀神社の宗教集落があった。[上島正徳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

洞戸の関連情報