コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上北山村 かみきたやま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上北山〔村〕
かみきたやま

奈良県南東部,北山川上流域にある村。村名は紀州本領の北にあることから北山と呼ばれ,江戸時代に北山上組と称されたことにちなむ。村域のほとんどが山林で林業が中心。北部は大台ヶ原山,西部は大峰山脈で,山岳美,渓谷美に富み,1961年大台ヶ原ドライブウェー開通によって観光地化した。吉野熊野特定地域総合開発計画の一環として南東部に坂本ダム,南部に池原ダムが建造され,電源開発が進んだ。仏経ヶ岳 (八剣山) 原始林,シシンラン群落は天然記念物に指定されている。村域の一部は吉野熊野国立公園に属する。東熊野街道 (国道 169号線) ,国道 425号線が通る。面積 274.22km2。人口 512(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

上北山村の関連キーワード奈良県吉野郡上北山村東ノ川奈良県吉野郡上北山村白川奈良県吉野郡上北山村河合奈良県吉野郡上北山村西原奈良県吉野郡上北山村小橡台風12号豪雨吉野路 上北山上北山村の要覧上北山(村)奈良県吉野郡大峯奥駈道八経ヶ岳伯母峰峠天川村北山宮奥吉野熊野杉

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上北山村の関連情報