コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上古 ジョウコ

デジタル大辞泉の解説

じょう‐こ〔ジヤウ‐〕【上古】

《古くは「しょうこ」》
大昔。
日本史、特に文学史の時代区分の一。文献の存する限りで最も古い時代。ふつう、大化の改新のころまでをいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じょうこ【上古】

〔古くは「しょうこ」〕
遠い昔。昔。 「この唐櫃は-より伝はりてその始めを知らず/徒然 99
日本の歴史上の、特に文学史における時代区分の一。中古・近古に対して歴史時代の最も古い時代をさす。日本では、普通大化の改新頃までをいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

上古の関連キーワードはた(旗/幢/幡/旌)シルパ・シャーストラ上つ世・上つ代歴代帝王宅京記森 三樹三郎穂井田忠友古今治平略出雲大神宮川島皇子橋本増吉頭椎大刀平群子首村川堅固落合直澄上代文学菟玖波集環頭大刀貝多羅葉時代区分唐虞三代

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上古の関連情報