上古(読み)ジョウコ

デジタル大辞泉の解説

じょう‐こ〔ジヤウ‐〕【上古】

《古くは「しょうこ」》
大昔。
日本史、特に文学史の時代区分の一。文献の存する限りで最も古い時代。ふつう、大化の改新のころまでをいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じょうこ【上古】

〔古くは「しょうこ」〕
遠い昔。昔。 「この唐櫃は-より伝はりてその始めを知らず/徒然 99
日本の歴史上の、特に文学史における時代区分の一。中古・近古に対して歴史時代の最も古い時代をさす。日本では、普通大化の改新頃までをいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じょう‐こ ジャウ‥【上古】

〘名〙 (古くは「しょうこ」)
① おおむかし。上代
※古事記(712)上「潭(ふか)く上古を探り、心鏡は煒煌として、明らかに先代を覩たまひき」
※徒然草(1331頃)九九「この唐櫃は上古より伝はりてその始めをしらず」 〔易経‐繋辞下〕
② 特に、歌論・連歌論などで、平安時代・平安末期以前をさすこともある。
※連理秘抄(1349)「人の心、上古末代に移り変るごとく」
③ 歴史の時代区分の一つ。中古・近古に対して文献の有する限りで最古の時代をいう。日本史では、ふつうは大化改新まで。
※小学読本(1884)〈若林虎三郎〉四「詩は本と支那の歌にして我が国の上古には無かりしものなれども」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

上古の関連情報