コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上山春平 うえやま しゅんぺい

2件 の用語解説(上山春平の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上山春平 うえやま-しゅんぺい

1921-2012 昭和後期-平成時代の哲学者。
大正10年1月16日台湾生まれ。海軍にはいり人間魚雷「回天」特攻隊に配属される。昭和43年京大人文科学研究所教授,のち所長。みずからの戦争体験をふまえナショナリズムを研究。世界史の視点から日本国家の特性を追究。京都国立博物館長,京都市立芸大学長などをつとめた。平成6年文化功労者。平成24年8月3日死去。91歳。京都帝大卒。著作に「大東亜戦争の意味」「神々の体系」「天皇制の深層」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

百科事典マイペディアの解説

上山春平【うえやましゅんぺい】

哲学者。台湾生まれ。本籍は和歌山県。1943年,京都帝国大学文学部哲学科卒業。海軍見習士官として特攻兵器回天(人間魚雷)に搭乗した。京都大学人文科学研究所助教授をへて,1968年同研究所教授。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

上山春平の関連キーワード北村治千葉治平相良亨辻隆長岡毅中島健吉中義勝伴義雄与良清河野道代

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

上山春平の関連情報