コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人間魚雷 ニンゲンギョライ

デジタル大辞泉の解説

にんげん‐ぎょらい【人間魚雷】

人間が乗って操縦する魚雷。第二次大戦中にイタリアが使用したものは爆発前に人間が脱出するものであったが、旧日本海軍の回天と命名されたものは、乗員が乗ったまま敵艦に体当たりする特攻兵器であった。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

にんげんぎょらい【人間魚雷】

旧海軍が太平洋戦争で使用した、人間が操縦する魚雷。敵艦に体当たりして自爆することが目的の特殊な兵器。回天と命名されていた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

人間魚雷
にんげんぎょらい

九三式魚雷を改造して乗員1人が潜望鏡と簡単な航法装置を頼りに操縦、乗員もろとも敵艦に体当たりする特攻兵器。生還の可能性が絶無である点で、それ以前の特殊潜航艇とは違っている。制空・制海権アメリカ側に奪われた1944年(昭和19)2月、(マルロク)計画の名で試作開始、7月完成と同時に水中特攻本部が設置され、新兵器は「回天(かいてん)」と命名された。同年11月20日、中部太平洋ウルシー環礁のアメリカ海軍泊地に五基の回天が発進、タンカー一隻を撃沈したのを最初に沖縄作戦などに参加、アメリカ輸送船団に対してかなりの戦果をあげた。しかし搭載潜水艦が次々に失われたため、航空機による特攻作戦のような大規模なものにはならなかった。回天要員約2000人中、戦死86人、殉職16人の犠牲者を出している。
 同種の水中特攻兵器に「蛟龍(こうりゅう)」「海龍」があり、また水上特攻兵器としては、艇首に爆装した高速ボート「震洋」がある。[前田哲男]
『防衛庁戦史室著『海軍軍戦備〔2〕』(1975・朝雲新聞社) ▽日本戦没学生記念会編『きけわだつみのこえ』(『和田稔の日記』)(岩波文庫) ▽島尾敏雄著『出発は遂に訪れず』(1973・新潮社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

人間魚雷の関連情報