コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上志比 かみしひ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上志比
かみしひ

福井県北部,永平寺町東部の旧町域。九頭竜川の中流部左岸に広がる。 1889年村制施行。 2006年永平寺町,松岡町と合体して永平寺町となった。地名は中世志比荘の一部であったことに由来する。東部の川沿いに小舟渡かまぶろ温泉,市荒川発電所がある。山間には道元禅師が永平寺入山前に開いた吉峰寺がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

上志比
かみしひ

福井県北部、吉田(よしだ)郡にあった旧村名(上志比村(むら))。2006年(平成18)吉田郡永平寺(えいへいじ)町に合併。同町南東部を占め、九頭竜(くずりゅう)川中流の左岸に位置する。地名は中世の荘園(しょうえん)志比荘による。福井と勝山を結ぶ国道416号(旧勝山街道)に沿い、山王地区が旧中心集落で、えちぜん鉄道勝山永平寺線が通じる。農村ながら機業も盛んであったが、衰退傾向にある。ニンニクが特産品。かつては洪水常襲地で、集落は段丘や自然堤防上にある。小舟渡(こぶなと)は旧勝山街道のもと舟渡し場で、南東の山中には越前(えちぜん)に入った道元(どうげん)が最初に開いた坐禅(ざぜん)道場吉峰(きっぽう)寺がある。[島田正彦]
『『上志比村史』(1978・上志比村)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

上志比の関連キーワード福井県吉田郡永平寺町永平寺(町)永平寺[町]えちぜん道元禅師

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上志比の関連情報