上野図書館(読み)ウエノトショカン

百科事典マイペディアの解説

上野図書館【うえのとしょかん】

東京都上野公園内にある国立国会図書館支部上野図書館の通称。1872年文部省が湯島聖堂内に書籍(しょじゃく)館という名称で創設,その後しばしば名称を変更,1885年場所を上野公園内に移し,1897年帝国図書館となった。第2次大戦後国立図書館となり,蔵書100万冊に及んだが,1949年国立国会図書館に統合,蔵書も大部分が移された。2000年から児童書専門の国際子ども図書館となった。
→関連項目書籍館

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うえのとしょかん【上野図書館】

東京都台東区上野公園内にある,国立国会図書館支部上野図書館のこと。明治以来,上野図書館の通称で親しまれ,唯一の国立図書館として日本の文化に大きく貢献した。1872年(明治5)文部省博物局が湯島聖堂に設けた書籍館(しよじやくかん)がそのはじまり。しかし,明治新政府の下で多難の道を歩み,東京書籍館,東京府書籍館,東京図書館と名称や設立主体,場所などを変え,85年上野公園内に移った。97年官制により帝国図書館と改称,先進欧米諸国の国立図書館と比肩すべく,98年新館建設が着手されたが,日露戦争による財政迫(ひつぱく)の犠牲となって全設計の1/4の規模で1906年開館を余儀なくされ,途中一部増築をみたが,今日まで未完成の図書館として終わっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

うえの‐としょかん うへのトショクヮン【上野図書館】

東京都台東区上野公園にある国立国会図書館支部上野図書館の通称。明治五年(一八七二)文部省博物局所管の書籍館(しょじゃくかん)として設立。その後、東京書籍館、東京図書館、帝国図書館などと名称および組織を変更し、昭和二四年(一九四九)国立国会図書館に合併され支部となる。平成一二年(二〇〇〇)、国際子ども図書館として開館。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の上野図書館の言及

【国立国会図書館】より

…1948年の〈国立国会図書館法〉にもとづき,旧赤坂離宮内を仮庁舎として発足した。49年上野図書館を合併し,61年国会議事堂わきの現在地に移転。68年に地下2階,地上6階,本館延べ面積約7万4000m2の建物が完成した。…

【図書館】より

…こうした刺激をうけて,1872年(明治5)政府は,旧昌平黌の地に書籍(しよじやく)館を設ける。74年これは浅草に移され浅草文庫として,閲覧料1日1銭で開館した後,80年に東京図書館と改称され,85年上野公園内に落ちついた(上野図書館)。96年帝国議会は,帝国図書館設立案を通過させ,翌年東京図書館を改組して帝国図書館設立の運びとなったが,ついに完成をみないまま1949年国立国会図書館へ吸収され,現在は同館上野支部として旧態をとどめている。…

※「上野図書館」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

上野図書館の関連情報