コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下代 ゲダイ

大辞林 第三版の解説

げだい【下代】

商取引の用語で、小売店の仕入価格(卸価格)のこと。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の下代の言及

【町代】より

…〈冷泉町大福帳〉天正10年(1582)の項に5人の町代の名が見えるのが初見とされ,初期は所司代の町政執行の補助機関であったと思われるが,1668年(寛文8)京都町奉行所成立後は,西町奉行所に町代部屋(春日部屋)が設けられ,昼間1人ずつ交代で出仕した。また,後には上(かみ)町代・下(した)代(下町代)の序列も生じ,上町代は1~2人の下代と,3人の小番(使用人)を擁して担当町組に対する事務処理に当たり,町組からは一定額の役料(給料)が与えられ,職分はときには株として売買されることもあったが,多くは世襲であった。寛永期(1624‐44)には上京に9人,下京に3人の町代が見えるが,元禄期(1688‐1704)には上京7人,下京6人,うち1人は上下京兼任で,12人となり幕末に至る。…

※「下代」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

下代の関連情報