下手糞(読み)へたくそ

精選版 日本国語大辞典「下手糞」の解説

へた‐くそ【下手糞】

〙 (形動) 非常に下手なこと。また、そのさま。そういう人をののしってもいう。
※俳諧・江戸十歌仙(1678)「所作らしい諸行無常のかねの声〈春澄〉 鞁(つづみ)の下手くそ寺はの〈似春〉」
※羽なければ(1975)〈小田実〉二一「でなすくったような下手くそな字で」

へたっ‐くそ【下手糞】

〘名〙 「へたくそ(下手糞)」の変化した
人情本・恩愛二葉草(1834)三「至って下手(ヘタ)ッ糞(クソ)尺八で御座ります」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android