へぼ

精選版 日本国語大辞典「へぼ」の解説

へぼ

〘名〙 (形動)
技量のつたないこと。腕前の拙劣なさま。また、その人。へた。
※洒落本・寸南破良意(1775)一座「何(なん)のへぼのくせに」
※雑俳・柳多留‐一一六(1832)「へぼ曰こううったならどふにげる」
② すぐれたところのない、平凡なこと。また、その人やそのさま。
※内地雑居未来之夢(1886)〈坪内逍遙〉八「平凡(ヘボ)の女どもは」
③ 野菜・果物の出来の悪いこと。また、そのさまやその不出来の物。うらなり。
水疱瘡(みずぼうそう)。〔日葡辞書(1603‐04)〕
⑤ 蜂(はち)の一種。〔日葡辞書(1603‐04)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「へぼ」の解説

へぼ

[名・形動]
技術や技芸が劣ること。また、そのさま。「へぼ将棋」「へぼ
野菜・果物の出来の悪いこと。また、そのさま。「へぼうり」「へぼかぼちゃ」
[類語](1下手拙劣拙悪稚拙未熟幼稚不細工無器用不得手不得意下手くそから下手からっ下手つたなまずいたどたどしいぎこちない

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android