たどたどしい

精選版 日本国語大辞典「たどたどしい」の解説

たどたど‐し・い

〘形口〙 たどたどし 〘形シク〙 (「たづたづし(たずたずし)」の変化した語)
① 学問・技芸などに十分に習熟していない。その道に精通していない。未熟である。あぶなげである。不安定である。
(10C終)八二「これが末を知り顔に、たどたどしき真名に書きたらんも、いと見ぐるしと、思ひまはす程もなく」
② 未熟なために進行などが、なめらかにいかない。のろのろしてはかどらない。
※小島のくちずさみ(1353)「いと慰めかねぬべき旅の空も、あまりによろづたどたどしかりしかば」
③ 機能などを十分に発揮していない。おぼつかない。不確かである。はっきりしない。
※宇津保(970‐999頃)楼上上「眼もたとたどしく、今はおぼえ侍るを」
④ 土地、場所の様子がよくわからない。地理的に不案内である。
源氏(1001‐14頃)竹河「いざ、しるべし給へ。まろは、いと、たどたどし」
⑤ 直接に、はっきりそれと知ることができない状態になっている。霞などがかかってぼんやりとしている。薄暗くてはっきり見えない。音や声などがかすかで、はっきり聞こえない。
※枕(10C終)五「しのびたる郭公の、遠くそらねかとおぼゆばかり、たどたどしきを聞きつけたらんは」
※源氏(1001‐14頃)藤裏葉「なかなかに折りや惑はん藤の花たそがれ時のたどたどしくは」
たどたどし‐げ
〘形動〙
たどたどし‐さ
〘名〙

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「たどたどしい」の解説

たどたど‐し・い

[形][文]たどたど・し[シク]
未熟であったり機能が十分でなかったりするため、物事を行うようすが危なっかしい。とどこおりなく行われず、おぼつかない。「―・い英語」「―・い足どり」
あたりのようすがぼんやりとしているさま。また、音・声などがかすかであるさま。
「なかなかに折りや惑はむ藤の花たそかれ時の―・しくは」〈・藤裏葉〉
[派生]たどたどしげ[形動]たどたどしさ[名]
[類語]ぎこちないへた拙劣拙悪稚拙未熟幼稚不細工無器用不得手不得意へぼ下手くそから下手からっ下手つたなまずい

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android