幼稚(読み)ヨウチ

デジタル大辞泉「幼稚」の解説

よう‐ち〔エウ‐〕【幼稚】

[名・形動]
年齢がおさないこと。子供であること。
考え方・やり方などが未発達なこと。子供っぽいこと。また、そのさま。「幼稚なアイデア」
[派生]ようちさ[名]
[類語]幼少幼弱幼時幼年若齢若年弱小弱冠年少年若としわか年弱としよわヤングうら若い若若しい若やか若やぐ若気ういういしいみずみずしい幼い未熟下手若い拙劣拙悪稚拙不細工無器用不得手不得意へぼ下手くそから下手からっ下手つたなまずいたどたどしいぎこちない子供っぽい青い青臭い乳臭いくちばしが黄色い子供らしいいとけない稚気幼少童心幼心おさなごころ子供心頑是ない子供じみる大人気ない

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android