コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幼稚 ヨウチ

デジタル大辞泉の解説

よう‐ち〔エウ‐〕【幼稚】

[名・形動]
年齢がおさないこと。子供であること。
考え方・やり方などが未発達なこと。子供っぽいこと。また、そのさま。「幼稚なアイデア」
[派生]ようちさ[名]

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ようち【幼稚】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
おさないこと。年が小さいこと。幼少。
考え方・やり方などが未熟である・こと(さま)。 「 -な議論」 「 -な人」
技術・構造などが単純である・こと(さま)。 「 -なからくり」
[派生] -さ ( 名 )

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

幼稚の関連キーワードがっくりそっくりメンタリティーすっぺらぽん口脇黄ばむ大人気無いやっしゃる子供っぽい裄丈も無い愛嬌らしい差し付けて打ち切れる一笑を買う腰が折れる肌を許すからくり三つ鉄輪何れも方意趣斬りところに回り根性

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

幼稚の関連情報