コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不働態 ふどうたい passivity passive state

3件 の用語解説(不働態の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

不働態
ふどうたい
passivity passive state

受働態ともいう。金属が空気中の酸素や酸化剤を含む水溶液などに接したとき,反応生成物が緻密な皮膜となって金属面に固着する。そのとき金属は浸食速度が小さい耐食性にすぐれた状態となる。これが不働態である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

不働態【ふどうたい】

鉄は希硝酸に溶けるが濃硝酸にはほとんど溶解しない。また一度濃硝酸に浸した鉄は,普通なら溶けるはずの硫酸銅溶液に入れても溶けない。これは金属の表面に酸化物の不溶性薄膜ができるためで,このような状態を不働態という。
→関連項目

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ふどうたい【不働態 passivity】

不動態とも書く。硫酸中に鉄Fe試片を浸漬し,これを陽極として働かせると,電極電位が高くなるにつれて金属の溶解が盛んになり,図1のように電流密度は増加する。しかし,ある電極電位に達すると,電流密度は急激に減少して,Feの溶解がほとんど止まった状態になる。これと類似の現象はFe以外にもニッケルNi,コバルトCo,クロムCrなどにも観測される。これは金属の表面にきわめて薄い不溶性かつ絶縁性の薄膜(多くは酸化物,または水酸化物)が生成したためと考えられ,この状態を不働態,生成したと考えられる薄膜を不働態皮膜と呼ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

不働態の関連キーワード亜硫酸パルプ血行力学動態不動態論弁Feケラタン硫酸シュウ酸中毒硫酸還元菌酢酸鉄

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone