コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不可逆反応 ふかぎゃくはんのうirreversible reaction

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

不可逆反応
ふかぎゃくはんのう
irreversible reaction

すべての化学反応は原理的には正反応と逆反応が同時に起る可逆反応である。しかし逆反応が生じるために必要な活性化エネルギーが正反応の活性化エネルギーに比べて非常に大きい場合,平衡は著しく生成物のほうにかたよる。あるいは生成物の一部が気体や沈殿物となって反応系から除かれ,正反応のみが進行する。このような反応系を不可逆反応という。たとえば水素と酸素から水蒸気が生じる反応,炭酸カルシウムの熱分解などがその例である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ふかぎゃく‐はんのう〔‐ハンオウ〕【不可逆反応】

一方向への反応速度が非常に大きくて、逆方向の反応が無視できる化学反応

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

栄養・生化学辞典の解説

不可逆反応

 化学反応のうち,逆反応の起こりにくい反応をいう.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ふかぎゃくはんのう【不可逆反応】

逆反応の速度が無視し得るほど小さく、化学平衡が生成系に著しく偏った化学反応。水素と酸素から水を生ずる反応はこの例。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

不可逆反応
ふかぎゃくはんのう
irreversible reaction

化学反応のうち、一方向にのみ進み、逆方向には進まない反応をいう。化学反応は一般に原系から生成系に反応が進むとともに、生成系から原系への反応も進行し、その両方向の速度が等しくなったときが化学平衡である。一方向とその逆方向への反応が、条件によってどちらの方向へも進行するタイプの反応を可逆反応というが、これに対し、条件を変えても見かけ上ほとんど一方向へしか反応が進行しない反応がある。たとえば、室温付近において、
  2H2+O2→2H2O
の反応は、平衡が完全に近いほど右に傾いているので、見かけ上、逆反応はおこらない。このような反応を不可逆反応という。[戸田源治郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の不可逆反応の言及

【可逆反応】より

化学反応において,原系から生成系に向かって正反応が進むと同時に,生成系から原系に向かう逆反応も起こる場合,その反応を可逆反応という。単純な反応はほとんど可逆反応であるが,平衡が著しく生成系にかたより逆反応が実質上ほとんど起こらない場合,不可逆反応irreversible reactionという。常温において水素と酸素から水を生成する反応は実質上不可逆反応である。…

※「不可逆反応」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報