コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不感症 ふかんしょう frigidity

翻訳|frigidity

6件 の用語解説(不感症の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

不感症
ふかんしょう
frigidity

性感異常の一つで,女性に多く,性交はできるが,それに伴う快感が少いか,まったくないもの。妊娠とはほとんど関係がない。男性の場合は男色などに向う傾向が強いが,女性の場合は積極的な異常現象として現れない潜在的なものもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふかん‐しょう〔‐シヤウ〕【不感症】

性交の際、女性が快感を感じない状態。
感受性が鈍くなったり、そのことに慣れたりして、普通なら感じるはずの物事に感じなくなること。「騒音に不感症になる」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

不感症【ふかんしょう】

性交時に,十分な快感を経験できない状態をいう。女性に多い。性欲は一般に正常で,性欲も快感も欠いている場合は冷感症というが,両者の区別は不明確。不感症の原因は性交恐怖,妊娠恐怖,性器疾患による性交痛などのほか,早漏,勃起(ぼっき)不全など男性側に原因がある場合もある。
→関連項目異常性欲

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ふかんしょう【不感症 sexual anesthesia】

女性において,性欲や性反応はあるが,オーガスムの量的不全,すなわちオーガスムが得られないか,きわめて弱い状態をいう。似た言葉に冷感症があるが,これは性欲も性反応もない状態をさす。不感症は女性の約1割にみられるとされている。 オーガスムは性交の極期にあたり,骨盤底および性器の平滑筋の快適痙攣(けいれん)を伴い,女性では腟壁および子宮体部の収縮が起こり,男性では副性器平滑筋の攣縮によって射精が起こる。同時に全身的に交感神経系の興奮もひき起こされるが,これは女性において,とくに著しい反応を示すことが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ふかんしょう【不感症】

女性が性交の際に快感を得られない症状。冷感症。
感覚がにぶかったり慣れてしまったりして、普通なら感ずるはずの物事に、さして感じなくなること。 「騒音に対して-になる」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

不感症
ふかんしょう
sexual anesthesia

性交欲はあるが、性交に際して快感をほとんど感知しないか、あるいはまったく快感を伴わないものをいい、一般に女性についていわれる。性交欲を欠く性交無欲症あるいは冷感症との区別は困難な場合が多い。原因の大半は性的無知によるもので、とくに男性側に原因すると考えられるものとして、前戯のない性交がいちばん大きな原因である。また、このほか男性側の原因としては、早漏やインポテンス、粗暴あるいは無理解な態度などがある。一方、女性側の原因として、男性同様の性的無知からくる性交に対する不安、恐怖、嫌悪、羞恥(しゅうち)などがその大半であるが、ごく一部に性器の発育不全あるいは形態異常のほか、炎症などによる性交時の疼痛(とうつう)といった器質的障害や内分泌疾患などによるものが認められる。
 治療法は、まずその原因を明らかにし、器質的原因による場合にはその原因に対して正しく治療する。一方、心因性のものに対する治療にはパートナーの協力が不可欠で、性的無知や無理解に対しては十分に啓蒙(けいもう)、教育するとともに、実際に性器に対する刺激訓練をパートナー間で行わせる。[白井將文]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

不感症の関連キーワード可逆反応告子性感帯陰性反応マスターズ報告陽性反応冷感症酸性反応偏析反応女性の参画目標

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

不感症の関連情報