コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不随意筋 フズイイキン

百科事典マイペディアの解説

不随意筋【ふずいいきん】

意志によって動かすことのできない筋肉。随意筋の対。→筋肉

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ふずいいきん【不随意筋】

意志の支配を受けない筋。内臓筋の大部分は不随意筋であり、形態的には平滑筋である。 ⇔ 随意筋

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

不随意筋
ふずいいきん

意志の力で動かすことのできない筋をいい、随意筋の対語。内臓の壁をつくる筋などが不随意筋に属し、多くは平滑筋であるが、心筋は横紋筋でありながら不随意筋であるため、不随意筋と平滑筋はかならずしも同義ではない。不随意筋は自律神経の支配を受け、一般に随意筋に比べて運動速度は遅い。また、ホルモンや神経の調節によって動き、緊張状態の変化に伴って働く。[嶋井和世]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の不随意筋の言及

【筋肉】より

…これは細胞質のなかにある収縮性フィラメントの配列によるものである。 不随意運動は,一般に平滑筋smooth muscle(または不随意筋involuntary muscleという)によって行われる。これは主として内臓の壁にあるので内臓筋ともいうが,そのほか血管の壁や皮膚の立毛筋,また眼の瞳孔や毛様体の筋肉も平滑筋である。…

【骨格筋】より

…骨格について,これを運動させる筋肉。心筋や平滑筋の運動は意志によって調節できないのでこれらの筋を不随意筋とよぶが,骨格筋は意志によって運動を調節しうるので随意筋ともよばれる。骨格筋は,筋細胞とそれに付属する結合組織,血管,神経からなる。…

【平滑筋】より

…平滑筋の収縮機構は骨格筋ほど明らかにされていないが,平滑筋の収縮は骨格筋に比べて速度は遅いが持続性があり,なかなか疲労しない特徴がある。また,平滑筋は自律神経の支配を受けており,意志によって動かすことはできない(不随意筋)。神経と平滑筋の間には,骨格筋でみられる運動終板のような特別なシナプス構造はみられず,平滑筋細胞どうしはネクサスnexus(ギャップ結合ともいう)という装置で連絡しあい興奮を伝達している。…

※「不随意筋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

不随意筋の関連キーワード直腸、肛門のしくみとはたらきヒスタミン定位脳手術肛門括約筋不随意運動目(め)骨格筋内臓筋眼筋排尿