コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世外 セガイ

デジタル大辞泉の解説

せ‐がい〔‐グワイ〕【世外】

俗世間をはなれた所。また、世俗を脱した境遇。
「―の功名心の為に、流俗の嗜慾(しよく)を遠ざけている」〈漱石三四郎

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せいがい【世外】

俗世間を離れた所。せがい。

せがい【世外】

俗世間を離れた所、または境涯。せいがい。 「広田先生と同じく-の趣はあるが/三四郎 漱石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世外の関連キーワードローカーヤタ派渡辺 幾治郎有賀 長雄信夫 淳平日本道徳論凌雲の志疋田棟隆浅野井左デニスン欧化主義井上 馨通航一覧矢野仁一順世派俗世間鹿鳴館外記節井上馨福山吉松

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

世外の関連情報