コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中小企業診断士 ちゅうしょうきぎょうしんだんし

4件 の用語解説(中小企業診断士の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中小企業診断士
ちゅうしょうきぎょうしんだんし

中小企業の診断を担当する者として通商産業大臣の資格認定を受け,登録されている人。中小企業経営合理化をはかるために,中小企業指導法 (昭和 38年法律 147号) に基づいて経営の実情を精査して,合理化の方策を勧告する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちゅうしょうきぎょう‐しんだんし〔チユウセウキゲフ‐〕【中小企業診断士】

中小企業支援法に基づき、中小企業経営の合理化を図る目的で、国がその資格を認定し、経済産業大臣が登録した経営コンサルタント

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ちゅうしょうきぎょうしんだんし【中小企業診断士】

中小企業指導法に基づき、企業経営の分析・勧告・助言を行う経営問題の専門家。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中小企業診断士
ちゅうしょうきぎょうしんだんし

中小企業の経営診断を行い、経営課題に対して助言をする人、またその資格。中小企業支援法(昭和38年法律第147号)の規定に基づいて登録される。経営コンサルタントとしての唯一の国家資格であり、企業の成長戦略に関し、専門的知識と現状分析に基づいて適切にアドバイスを行うことがおもな役割である。また、経営計画を立案するにあたって必要となる行政や金融機関などとのパイプ役として、企業活動を支援する業務を担う。中小企業診断士制度は、通商産業省(現、経済産業省)により1952年(昭和27)に設けられた中小企業診断員登録制度が始まりである。その後、1963年に中小企業指導法(現在の中小企業支援法)により制度化され、1969年に現在の名称に改められた。
 中小企業診断士の資格を得るには、一般社団法人中小企業診断協会が行う一次試験に合格したのち、次のいずれかの養成課程を経る必要がある。(1)中小企業診断士試験二次試験に合格し、15日以上の診断実務に従事するか、実務補習機関で講座を受講して修了する。(2)中小企業大学校(中小企業基盤整備機構)、または経済産業大臣が登録する登録養成機関が行う登録養成課程を受講して修了する。以上の養成課程を経て資格登録された者には、中小企業診断士登録証が交付される。資格の有効期間は5年間。資格更新には有効期間中に、養成機関や中小企業大学校が実施する研修を5回以上受講し、さらに、経営診断などの実務を30日間以上行うなど、知識と実務に関する要件を両方満たす必要がある。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の中小企業診断士の言及

【企業診断】より

…その資格・名称も多種多様で通産省の調査でも100種以上の称号が存在するという。現在,日本で企業診断の専門家として国がその能力を認定し資格称号を与えているのは〈中小企業診断士〉だけである。中小企業診断士制度は,63年公布の中小企業指導法に基づいて中小企業診断士として資格を有するものを通産大臣登録する制度で,大臣登録を受けようとするものは,(1)通産大臣が指定する法人(社団法人中小企業診断協会)が行う診断士試験に合格しているか,(2)中小企業事業団の中小企業大学校が行う1ヵ年の診断士養成の課程を修了したもの,となっている。…

※「中小企業診断士」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

中小企業診断士の関連キーワード資本利益率企業組合中小企業基本法中小企業庁中小企業投資育成株式会社中小企業等協同組合中小企業再生ファンド中小企業高度化資金中小企業家同友会中小企業の事業承継

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中小企業診断士の関連情報