コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村勘三郎(18世) なかむらかんざぶろう[じゅうはっせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中村勘三郎(18世)
なかむらかんざぶろう[じゅうはっせい]

[生]1955.5.30. 東京
[没]2012.12.5. 東京
歌舞伎俳優。本名波野哲明。江戸幕府公認の芝居小屋江戸三座」の中で最も古い伝統をもち,今日まで連綿と続く由緒ある中村座座元の流れを受け継ぐ。17世中村勘三郎の長男。1959年,5世中村勘九郎を名のり初舞台。2005年,お家芸の『一條大蔵譚(いちじょうおおくらものがたり)』の一條大蔵卿などで 18世勘三郎を襲名した。大正,昭和を代表する 6世尾上菊五郎を母方の祖父,父の実兄が 1世中村吉右衛門と,名優を身近に早くから才能を発揮,『京鹿子娘道成寺(きょうがのこむすめどうじょうじ)』(→娘道成寺)の白拍子花子,『梅雨小袖昔八丈』の新三(しんざ)などあたり役は多い。また若い頃からドラマバラエティーコマーシャルなどテレビでも茶の間に人気を浸透させ,若者のファンを開拓,歌舞伎の隆盛につなげた。抜群のアイデア,企画力の持ち主でもあった。1990年から恒例化した歌舞伎座「納涼大歌舞伎」では中心的役割を担い,香川県琴平町にある日本最古の芝居小屋での「こんぴら歌舞伎」の復活・隆盛への貢献,東京の若者の街渋谷に「コクーン歌舞伎」,ゆかりの地の台東区浅草に平成中村座を開設,ニューヨーク公演も成功させた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

中村勘三郎(18世)の関連キーワード宣誓阿見201周遊券田川(市)久仁明心憎い粕屋(町)ポエニ戦争大下 弘中小企業

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone