コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾上菊五郎(6世) おのえきくごろう[ろくせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

尾上菊五郎(6世)
おのえきくごろう[ろくせい]

[生]1885.8.26. 東京
[没]1949.7.10. 東京
歌舞伎俳優。屋号音羽屋。5世尾上菊五郎の長男。本名寺嶋幸三。 1903年6世襲名。立役女方を兼ねる。時代,世話,舞踊,新作あらゆる役をよくした。日本俳優学校を設立,後進の養成に努めた。大正,昭和期の名優。日本芸術院会員。没後ただちに文化勲章が贈られた。同章追贈の第一号。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の尾上菊五郎(6世)の言及

【尾上菊五郎】より

…その芸は15世羽左衛門と,実子の6世菊五郎がついだ。写真集にみごとな容姿が残っているほか,伊坂梅雪が筆記した《尾上菊五郎自伝》という好著がある。(6)6世(1885‐1949∥明治18‐昭和24) 5世の実子。…

【敵討天下茶屋聚】より

…〈天王寺〉の酒乱の段取りの面白さ,引窓から忍びこむところのユーモラスな演技,引込みのときに刀を振りまわして見せる心理描写など随所で精彩を放つ。4世友右衛門によって作られたこの小心な悪人の演出は近代に継承されたが,特に6世尾上菊五郎は,伝統の演出をさらに近代的に個性化して一代の当り芸とした。この芝居全体にただよう仇討物独特の情趣,特に〈天神の森〉の色彩的設定による〈返り討の場〉から〈川下の場〉のだんまりに至る味わいは卓越している。…

【芸】より

…歌舞伎役者の芸談集。6世尾上菊五郎著。1946年刊。…

【摂州合邦辻】より

…主として〈合邦庵室〉の一幕が上演され,明治の2世坂東秀調以降,玉手の役は女方にとっての試金石とされてきた。今日では,もっぱら5世中村歌右衛門と6世尾上菊五郎との二つの型が行われている。【原 道生】。…

【高杯】より

…長唄。1933年9月6世尾上菊五郎,7世坂東三津五郎ほかにより東京劇場初演。作詞久松一声。…

【蔦紅葉宇都谷峠】より

…名人小団次と黙阿弥という幕末歌舞伎を代表するコンビは,この一作によって確立された。近代では6世尾上菊五郎の文弥,仁三の二役と初世中村吉右衛門の十兵衛が好評。早替りと殺し場が際立つため小芝居向きとして軽視されがちだったが,じつは義理と因果にあえぐ人物を活写した重厚な作。…

【花柳流】より

…初世は振付の才能に恵まれ,幕末から明治の劇壇で名振付師として活躍したが,9世市川団十郎と不和が生じ,劇壇から遠ざかり,1903年没した。実子の花柳芳三郎は6世尾上菊五郎の門弟として俳優修業を志したが,18年門弟たちに望まれ,2世寿輔を襲名した。2世は義兄花柳徳太郎とともに時流にのり,全国各地に流勢を拡張したが,古典の伝承だけにとらわれず,新舞踊運動の先達としても活躍,名実ともに一大流派としての基盤を固めた。…

【羽根の禿】より

…江戸の初春,吉原の廓の門口で,禿が羽根つきをして無邪気に遊ぶ風景を描写。1931年3月東京劇場で6世尾上菊五郎が,愛らしく見せるために大道具や振りに工夫を凝らして踊ってから,人気曲となった。【服部 幸雄】。…

【坂東流】より

…6世は5世の実子で,門弟を養成して流派を隆昌に導いた。7世は12世守田勘弥の長男で,大正・昭和を通じ名人として6世尾上菊五郎とならび称せられた。8世はその養子。…

【棒縛∥棒しばり】より

…5世杵屋(きねや)巳太郎作曲。6世尾上菊五郎振付。1916年1月東京市村座で初演。…

【松羽目物】より

…明治期に入って,歌舞伎の改良運動に伴う高尚趣味によって,能,狂言様式の舞踊が作られた。まず5世尾上菊五郎が1881年,市川家の《勧進帳》をまねて《土蜘(つちぐも)》を作った。ついで82年9世市川団十郎が《釣狐》,85年に《船弁慶》を初演した。…

※「尾上菊五郎(6世)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

尾上菊五郎(6世)の関連キーワード633美の里ニゲルいの(町)吾北東欧史(年表)コロレンコチャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)自民党総裁選愛知名港花き地方卸売市場(仮称)インドの自動車市場

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android