コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村新太郎 なかむら しんたろう

2件 の用語解説(中村新太郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村新太郎 なかむら-しんたろう

1881-1941 明治-昭和時代前期の地質学者。
明治14年4月21日生まれ。地質調査所技師などをへて欧米留学後,大正11年京都帝大教授。常磐(じょうばん)炭田などの地質調査をおこなう。日本地質学会会長をつとめた。昭和16年12月8日死去。61歳。東京出身。東京帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中村新太郎
なかむらしんたろう
(1881―1941)

地質学者。東京に生まれる。1906年(明治39)東京帝国大学地質学科卒業後、広島高等師範学校講師、農商務省地質調査所技師、朝鮮総督府技師を経て1919年(大正8)新設の京都帝国大学地質学科助教授に就任、ただちにアメリカイギリスフランスイタリアに留学、1922年教授に昇任した。徹底した野外調査教育で学生を指導し、幾多の優れた専門家を養成した。常磐(じょうばん)炭田、平壌炭田の報告は模範的調査と仰がれ、内外の文献にも通じ、厳密な批判検討で知られ、大正~昭和前期の地質学界の進歩に大いに貢献した。[石山 洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中村新太郎の関連キーワード井伊直忠近重真澄湯本求真県忍宇治紫文(4代)小野重行桑山鉄男小室要桜井忠胤松山茂

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone