コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中根千枝 なかねちえ

2件 の用語解説(中根千枝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中根千枝
なかねちえ

[生]1926.11.30. 東京
社会人類学者。日本における社会人類学草分け。津田塾専門学校を経て,1950年東京大学文学部東洋史学科卒業。1952年大学院終了後,同大学助手となる。1953年インドの国立人類学研究所の研究員となり,現地部族の実態調査に従事。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中根千枝 なかね-ちえ

1926- 昭和後期-平成時代の社会人類学者。
大正15年11月30日生まれ。インドで実地調査に従事,ロンドン大でまなぶ。昭和45年東大東洋文化研究所教授となり,55年同所長。63年帝京大教授。34年「未開の顔・文明の顔」で毎日出版文化賞。日本の社会構造を研究し,42年「タテ社会人間関係」にまとめる。平成5年文化功労者。7年学士院会員。13年文化勲章。東京出身。東大卒。著作に「家族の構造」「社会人類学―アジア諸社会の考察」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の中根千枝の言及

【日本社会論】より

近代化
【社会構造】
 日本の社会構造を,社会的活動や社会関係のパターン,もしくはそれらを規制する規範的原理に関して分析し,日本社会の基本的な構成原理を探る試みがなされている。たとえば,社会人類学者,中根千枝の〈タテ社会〉論がそうである。
[〈タテ社会〉の構造]
 中根の説によれば,日本人の集団参加の基準は,個人の保有する〈資格〉よりも当人の属する〈場〉にウェイトがおかれる。…

※「中根千枝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

中根千枝の関連キーワード青井和夫阿部志郎石川栄吉河村望坂本達哉田中清助田中義久谷泰富永健一見田宗介

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中根千枝の関連情報