コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中臣宮処東人 なかとみのみやこの あずまひと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中臣宮処東人 なかとみのみやこの-あずまひと

?-738 奈良時代の官吏。
「続日本紀」によると,神亀(じんき)6年(729)長屋王(ながやおう)の謀反(むほん)を密告,無位から外従五位下に昇進。のち右兵庫頭(うひょうごのかみ)となる。天平(てんぴょう)10年7月10日長屋王につかえた大伴子虫(おおともの-こむし)と囲碁(いご)の最中に長屋王に話がおよび,いかった子虫にきり殺された。
【格言など】左道を学んで,国家(くに)を傾けんと欲す(長屋王を告発したことば)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

中臣宮処東人

没年:天平10.7.10(738.7.30)
生年:生年不詳
奈良時代官人神亀6(729)年2月に左大臣長屋王の謀反密告し,無位から外従五位下に昇叙し,封30戸,田10町を授けられた。天平10(738)年には右兵庫頭であったらしい。この年7月の政務の合間に左兵庫少属大伴子虫と囲碁をしていた際に,話が長屋王のことにおよび,憤激した子虫のために斬殺された。子虫はかつて長屋王に仕えた人物であるというから,あるいは子虫は主人の復讐の機会を狙っており,たまたま東人が密告の件を漏らしたために,復讐を遂げたのかもしれない。

(森公章)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

中臣宮処東人の関連キーワード没年

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android