コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中野義照 なかの ぎしょう

2件 の用語解説(中野義照の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中野義照 なかの-ぎしょう

1891-1977 大正-昭和時代の僧,仏教学者。
明治24年10月5日生まれ。真言宗。11歳で得度する。高楠(たかくす)順次郎にインド哲学をまなぶ。昭和4年高野山大教授となり,のち北京大教授。27年高野山大学長。高野山真言宗宿老。大僧正。昭和52年1月31日死去。85歳。愛媛県出身。東京帝大卒。旧姓は白石。著作に「密教の倫理観」「インド法の研究」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中野義照
なかのぎしょう
(1891―1977)

インド哲学者、仏教学者。文学博士。愛媛県今治(いまばり)市に生まれた。1921年(大正10)東京帝国大学文学部卒業。九州帝国大学講師、中国天津(てんしん)日本図書館長、同北京(ペキン)大学文学院教授を経て、高野山(こうやさん)大学教授、同文学部長、同学長、密教文化研究所長、日本学術会議会員などを歴任した。紫綬(しじゅ)褒章、勲三等旭日中綬(きょくじつちゅうじゅ)章などを受章。インド法制史の権威で、『インド文献史』6冊の訳注など著書約30冊がある。[宮坂宥勝]
『M・ヴィンテルニッツ著、中野義照訳『インド文献史』全6巻(1964~1978・日本印度学会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中野義照の関連キーワード網代智海大槻憲二緒方益雄加来素六鷹谷俊之早坂一郎藤原猶雪逸見梅栄松嶋喜作室崎琴月

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone