コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中野逍遥 なかの しょうよう

4件 の用語解説(中野逍遥の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中野逍遥 なかの-しょうよう

1867-1894 明治時代の漢詩人。
慶応3年2月11日生まれ。帝国大学卒業後研究科にすすんだが,在学中の明治27年11月16日肺炎で死去。28歳。没後,「逍遥遺稿」が刊行され,制約のおおい漢詩に恋愛感情を自由奔放にうたいこむ詩風で島崎藤村,吉井勇らに影響をあたえた。伊予(いよ)(愛媛県)出身。本名は重太郎。字(あざな)は威卿。別号に狂骨子,澹艶堂など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

百科事典マイペディアの解説

中野逍遥【なかのしょうよう】

漢詩人。本名重太郎(しげたろう),字は威卿。別号澹艶堂(たんえんどう)など。伊予国宇和島生れ。早くより漢学を学び,東京帝国大学文科大学漢学科卒。在学中から漢詩・漢文をよくし,将来を嘱望されていたが,卒業した年に肺炎により死去。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

なかのしょうよう【中野逍遥】

1867‐94(慶応3‐明治27)
漢詩人。宇和島の生れ。名は重太郎,字は威卿。逍遥は号。1883年上京し,大学予備門を経て,94年東京帝大文科大学漢学科を卒業した。在学中は佐佐木信綱高橋作衛らと親交があった。卒業後は研究科に進み《支那文学史》を起草(未完)する一方,田岡嶺雲らと雑誌《東亜説林》を創刊し活躍を期待されたが,同年11月28歳で病没した。著に《逍遥遺稿》2巻(1895),《慈涙余滴》(未完の政治小説)がある。彼はおのれのはげしい恋愛感情を漢詩に託したが,その青春の情熱と憂愁とは,伝統的詩型や表現法の拘束にうちかって自由奔放に吐露されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

なかのしょうよう【中野逍遥】

1867~1894) 漢詩人。宇和島生まれ。激しい恋愛感情を漢詩に託して表現した。著「逍遥遺稿」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中野逍遥の関連キーワード丹鶴舟福田古道人河野秀埜磯田良大江敬香片口江東倉知誠夫藤堂高成服部担風桃川如燕

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone