コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久米幹文 くめ もとぶみ

4件 の用語解説(久米幹文の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

久米幹文

国学舎。姓藤原。字公斐、号水屋、桑園。水戸の人。石河幹忠の三男。久米博慎の家を嗣ぐ。文政三年本居内遠門に入るがのち平田門に変る。漢詩文に長じ国事に尽す。文科大学の講師、第一高等学校教授。明治27年(1894)歿、67才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久米幹文 くめ-もとぶみ

1828-1894 幕末-明治時代の国学者。
文政11年10月20日生まれ。常陸(ひたち)水戸藩士。平田篤胤(あつたね),本居内遠(もとおり-うちとお)に師事。藩主徳川斉昭(なりあき)につかえ,斉昭没後は維新まで幽閉される。のち諸社の宮司をへて一高教授。能書家,歌人として知られた。明治27年11月10日死去。67歳。本姓は石河。通称は孝三郎。号は水屋,桑園。歌集に「水屋集」,著作に「大八洲史」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

くめもとふみ【久米幹文】

1828‐94(文政11‐明治27)
江戸末期から明治初頭の歌人,国学者。常陸国水戸の生れ。水廼舎(みずのや),水屋等と号した。初め本居内遠の門に入り,のち平田鉄胤に学んだ。東京大学講師,第一高等中学校教授などを歴任した。本居豊頴(とよかい),小杉榲邨(すぎむら)とともに,1886年に設立された保守系の歌文学会〈大八洲(おおやしま)学会〉の会主となり,古典派歌人として重きをなした。歌集に《水屋集》,著書に《大八洲史》等がある。【佐佐木 幸綱】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

久米幹文
くめもとぶみ

[生]文政11(1828).11.20. 水戸
[没]1894.11.10. 東京
国学者。通称は幸三郎,字は公斐,水屋または桑園と号す。本居内遠の門下。徳川斉昭の知遇を受けたが,彼の没後忌諱に触れることがあって幽閉された。明治5 (1872) 年教務省に召され諸社の宮司を歴任,1874年,皇太神宮権禰宜となり,権少教正を兼ね,神道思想の普及に努めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

久米幹文の関連キーワード運上所映し絵御蝦蛄古学小伝雑居地蔵六達磨返しでげす鉛銭越後節

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone