コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久野寧 くのやす

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

久野寧
くのやす

[生]1882.3. 愛知
[没]1977.12.30. 京都
生理学者。世界で初めて発生理学の研究に取組み,汗博士といわれた。 1939~55年,名古屋大学教授。 63年文化勲章受章。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

くの‐やす【久野寧】

[1882~1977]生理学者。愛知の生まれ。名大教授。人体の発汗現象の研究で大きな業績をあげた。文化勲章受章。著「汗」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久野寧 くの-やす

1882-1977 明治-昭和時代の生理学者。
明治15年3月30日生まれ。満州医大教授をへて,昭和14年名古屋帝大教授。体温調節の生理を研究し世界的に知られる。16年「人体発汗の研究」で学士院恩賜賞,38年文化勲章。学士院会員。昭和52年12月30日死去。95歳。愛知県出身。愛知医専卒。著作に「気候と人生」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

久野寧
くのやす
(1882―1977)

生理学者。名古屋市の生まれ。1903年(明治36)愛知県立医学専門学校(名古屋大学医学部の前身)を卒業。東京帝国大学、京都帝国大学で生理学を研究したのち、南満医学堂、引き続き満州医科大学教授。1935年(昭和10)京大講師、1937年名古屋医科大学教授となった。一貫して人体の発汗に関する研究を続け、汗量測定、温度および感情による発汗の機構を解明し、1934年ロンドンで『The Physiology of Human Perspiration』(人体発汗の生理学)、1946年『汗』を刊行した。この間、1941年に発汗に関する研究により帝国学士院恩賜賞を受賞。1948年(昭和23)日本学術会議会員に選出され、1949年学士院会員となった。1952年名古屋大学医学部長、1955年同大名誉教授となったが、引き続き京都府立医科大学教授も務めた。[神谷昭典]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

久野寧の関連キーワード恩賜賞受賞者昭和時代久野岬

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android