コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九成宮醴泉銘 きゅうせいきゅうれいせんのめい Jiu-cheng-gong-li-quan-ming

2件 の用語解説(九成宮醴泉銘の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

九成宮醴泉銘
きゅうせいきゅうれいせんのめい
Jiu-cheng-gong-li-quan-ming

中国,唐の欧陽詢の正書の碑銘。貞観6 (632) 年に唐の太宗が,隋の仁寿宮を修理,造営した九成宮へ避暑に行ったとき,宮殿の一隅に醴泉 (味のよい泉) が湧出したのを記念し,魏徴に命じて撰文し,欧陽詢に書かせて立碑した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

九成宮醴泉銘
きゅうせいきゅうれいせんのめい

中国唐時代の碑で、欧陽詢(おうようじゅん)の手になるその書は中国書道史上屈指の名品とされる。631年(貞観5)、唐の太宗は隋(ずい)の仁寿宮(じんじゅきゅう)を修復して、九成宮と名を改めた。そして翌年の夏、暑さを避けてその地を訪れたが、宮殿の傍らに醴泉、つまり甘味のある水の泉がわき出たという。それを記念して碑が建立され、勅命によって碑の銘文は侍中の魏徴(ぎちょう)が撰進(せんしん)し、書は欧陽詢の筆になった。ときに欧陽詢は76歳。碑の頭部の篆額(てんがく)には「九成宮醴泉銘」とあり、楷書(かいしょ)で1行50字、24行に謹厳に揮毫(きごう)する。一点一画、寸分のすきもない緻密(ちみつ)な造形性と格調の高さとは、古くから「楷法の極則」と称して尊重され、楷書の理想形とされてきた。碑は現在の陝西(せんせい/シャンシー)省麟遊(りんゆう)県天台山にある故址(こし)にあるが、拓本を求める人があまりにも多かったことを示すように、いまでは碑面の磨滅が著しい。しかし、宋(そう)代の拓本には良好なものが残っている。[尾下多美子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

九成宮醴泉銘の関連キーワード金台錫欧陽詢江総正書唐宋八家八体碑銘砂の碑銘唐宋八大家王澍

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone