コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乱堆積 らんたいせき penecontemporaneous deformation

1件 の用語解説(乱堆積の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

らんたいせき【乱堆積 penecontemporaneous deformation】

地層中にみられる局部的な堆積構造の乱れのことで,層間異常ともいう。地層の形態研究の重要な課題の一つで,次のようなものが観察されている。(1)地すべりslumping 平行な地層にはさまれたある厚さの地層が,層内褶曲を示したり,層理がちぎれたりして,最終的には原形をとどめないほど混じりあってしまうもの。これは,地層が比較的急速に堆積し,地層の固結がまだ十分進んでいない状態で,堆積した斜面の傾斜が何らかの原因により増加したような場合に,斜面崩壊が原因で水中地すべりが生じたものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

乱堆積の関連キーワード整合局部恒星系層位学局部的クロスラミナシンミクト封蝋構造ソール・マークサッグ構造イソバリズム

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone