コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

涸れる カレル

デジタル大辞泉の解説

か・れる【×涸れる】

[動ラ下一][文]か・る[ラ下二]《「枯れる」と同語源》
池・川・井戸などの、水がほとんどなくなる。水けがなくなり、乾いた状態になる。干上がる。「泉が―・れる」「涙が―・れる」
湿り気がなくなり、乾燥する。「よく―・れた木材」
感じたり考えたりする力が減って、出なくなる。また、必要なものが不足がちになる。枯渇する。「詩嚢(しのう)が―・れる」「愛情が―・れる」「資金が―・れる」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かれる【涸れる】

( 動下一 ) [文] ラ下二 か・る
水がなくなる。水分がなくなってかわく。 「温泉が-・れる」 「水の-・れた川」 「涙も-・れる」
能力や感情の源が尽きる。 「詩想が-・れる」 「情熱が-・れる」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone