コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二階堂進 にかいどう すすむ

2件 の用語解説(二階堂進の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

二階堂進 にかいどう-すすむ

1909-2000 昭和後期-平成時代の政治家。
明治42年10月16日生まれ。昭和21年衆議院議員(当選16回,自民党)。田中角栄の腹心となる。科学技術庁長官をへて,47年第1次田中内閣官房長官。のち党の幹事長,総務会長,副総裁などを歴任。日中国交正常化につとめたが,51年のロッキード事件では灰色高官とされた。平成12年2月3日死去。90歳。鹿児島県出身。南カリフォルニア大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

百科事典マイペディアの解説

二階堂進【にかいどうすすむ】

政治家。鹿児島県生れ。アメリカ南カリフォルニア大学を卒業。1946年から1996年まで衆議院議員(日本協同党自由民主党などに所属し,当選16回)を務める。1966年から1967年に第1次・第2次佐藤栄作内閣の科学技術庁長官兼北海道開発庁長官,1972年から1974年には第1次・第2次田中角栄内閣内閣官房長官を歴任し,自由民主党の党内では1974年,および1981年から1983年に党幹事長,1984年から1986年には党副総裁を務めている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

二階堂進の関連キーワード山岸純飛鳥井雅道木戸蓊千田夏光辻隆西沢爽三井幸雄柚木学河野道代山田宗徧(3)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

二階堂進の関連情報