コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二階堂進 にかいどう すすむ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

二階堂進 にかいどう-すすむ

1909-2000 昭和後期-平成時代の政治家。
明治42年10月16日生まれ。昭和21年衆議院議員(当選16回,自民党)。田中角栄腹心となる。科学技術庁長官をへて,47年第1次田中内閣の官房長官。のち党の幹事長,総務会長,副総裁などを歴任日中国交正常化につとめたが,51年のロッキード事件では灰色高官とされた。平成12年2月3日死去。90歳。鹿児島県出身。南カリフォルニア大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

二階堂進【にかいどうすすむ】

政治家。鹿児島県生れ。アメリカの南カリフォルニア大学を卒業。1946年から1996年まで衆議院議員(日本協同党,自由民主党などに所属し,当選16回)を務める。1966年から1967年に第1次・第2次佐藤栄作内閣の科学技術庁長官兼北海道開発庁長官,1972年から1974年には第1次・第2次田中角栄内閣の内閣官房長官を歴任し,自由民主党の党内では1974年,および1981年から1983年に党幹事長,1984年から1986年には党副総裁を務めている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

二階堂進の関連キーワード鹿児島県肝属郡肝付町中曽根康弘内閣鈴木善幸内閣肝付(町)竹下 登灰色議員政治家

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

二階堂進の関連情報