コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿閦 あしゅく

世界大百科事典 第2版の解説

あしゅく【阿閦】

大乗仏教の初期に考えだされた仏。サンスクリットAkṣobhya(〈不瞋恚(ふしんい)〉の意)の音訳。147年漢訳の《阿閦仏国経》によると,過去世に一比丘が東方の妙喜国Abhiratiにおいて大日如来の説法をきき,菩薩の誓願をおこし,不瞋恚の誓いをたて,大日如来から〈阿閦仏となるべし〉との予言をうけた。現在,妙喜国を支配する仏となり,衆生にはその浄土への往生が勧められる。誓願・浄土・往生などの思想において阿弥陀仏思想と通ずるところがあるが,そのため阿閦は阿弥陀仏思想の影にかくれた存在となっていく。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

阿閦の関連キーワード浄土教美術降三世明王支婁迦讖五大明王大円鏡智四波羅蜜法蔵比丘石上宅嗣五智如来浄土教十三仏宇治市阿閦婆五仏芸亭仏像極楽四仏

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android