コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五平餅(読み)ごへいもち

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

ごへいもち【五平餅】


長野・富山・岐阜・愛知の郷土料理で、飯をつぶして細長い板に小判形ににぎりつけ、これを火であぶり、みそだれをぬってさらに焼いたもの。だんご状のものをに複数さす地域もある。また、たれにごま・くるみなどを入れたり、しょうゆだれを用いる地域もある。◇「五兵衛餅」「御幣餅」とも書く。

出典 講談社日本の郷土料理がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

五平餅

長野県の南信州地方・富山県南部・岐阜県の東濃地方・飛騨地方・愛知県の西三河地方などに伝わる郷土料理。うるち米を炊いてつぶしたものを、小判形や団子形に固めて串にさし、味噌や醤油、くるみだれなどのタレを塗って、炭火で炙ったもの。串や餅の形は地域によって異なる。「御幣餅」の表記もある。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典内の五平餅の言及

【郷土料理】より

…京都の千枚漬とは異なる風味をもつ。五平餅米飯をつきつぶして串にぬりつけ,ゴマ,クルミ,サンショウなどをすりこんだしょうゆ,または,みそのたれをつけて火であぶる。秋田のきりたんぽと同種のもので,長野,岐阜,愛知などで行われる。…

※「五平餅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

五平餅の関連情報