五月法(読み)ごがつほう(英語表記)Maigesetze

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

五月法
ごがつほう
Maigesetze

1873年5月 11~14日にかけてプロシアの邦議会を通過し,ビスマルクの「文化闘争」の原因となった諸法律。第1の法律は聖職者の任用資格に関するもので,哲学,歴史,ドイツ文学の3学科について「文化試験」に合格していなければならないと定め,カトリックの若い司祭を教皇至上主義から引離そうとはかっている。第2,3の法律は教会司法権を制限するもの,第4の法律は教会からの市民の脱退を自由にし,出生,死亡,結婚などの戸籍事務を国家に移譲するものであった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android