コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五月法 ごがつほう Maigesetze

1件 の用語解説(五月法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

五月法
ごがつほう
Maigesetze

1873年5月 11~14日にかけてプロシアの邦議会を通過し,ビスマルクの「文化闘争」の原因となった諸法律。第1の法律は聖職者の任用資格に関するもので,哲学,歴史,ドイツ文学の3学科について「文化試験」に合格していなければならないと定め,カトリックの若い司祭を教皇至上主義から引離そうとはかっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

五月法の関連キーワード刀にかけて股に掛ける押掛け刀に懸けても五糸節鉄道の日テプラ「テプラ」Grand「テプラ」PRO救農議会

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

五月法の関連情報