コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五月法 ごがつほうMaigesetze

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

五月法
ごがつほう
Maigesetze

1873年5月 11~14日にかけてプロシアの邦議会を通過し,ビスマルクの「文化闘争」の原因となった諸法律。第1の法律は聖職者の任用資格に関するもので,哲学,歴史,ドイツ文学の3学科について「文化試験」に合格していなければならないと定め,カトリックの若い司祭を教皇至上主義から引離そうとはかっている。第2,3の法律は教会司法権を制限するもの,第4の法律は教会からの市民の脱退を自由にし,出生,死亡,結婚などの戸籍事務を国家に移譲するものであった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

五月法の関連キーワード検察改革の経緯ファルク

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android