コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五浦海岸 いづらかいがん

1件 の用語解説(五浦海岸の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

いづらかいがん【五浦海岸】

茨城県北東端,北茨城市大津岬北東部を指し,五つの入江の屈曲が地名の由来。海食作用が著しく,高さ50m前後の絶壁,海食洞が点在する。岡倉天心が1906年,この地へ日本美術院の第一部(絵画)の移設を実施,新しい日本美術の創造に尽力した。天心の旧邸は茨城大学五浦美術文化研究所への利用をはじめ,自然景観保存の対象となって整備されている。とくに岡倉天心が思索の場所として建てた朱塗の六角堂付近が名高い。【中川 浩一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

五浦海岸の関連キーワード五浦茨城県北茨城市茨城北茨城高萩日立常陸神永喜八鉄伝七

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

五浦海岸の関連情報