コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五浦海岸 いづらかいがん

世界大百科事典 第2版の解説

いづらかいがん【五浦海岸】

茨城県北東端,北茨城市大津岬北東部を指し,五つの入江の屈曲が地名の由来。海食作用が著しく,高さ50m前後の絶壁,海食洞が点在する。岡倉天心が1906年,この地へ日本美術院の第一部(絵画)の移設を実施,新しい日本美術の創造に尽力した。天心の旧邸は茨城大学五浦美術文化研究所への利用をはじめ,自然景観保存の対象となって整備されている。とくに岡倉天心が思索の場所として建てた朱塗の六角堂付近が名高い。【中川 浩一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

五浦海岸の関連情報