コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五罪 ゴザイ

大辞林 第三版の解説

ござい【五罪】

五刑(笞・杖じよう・徒・流・死)に相当する罪。
五刑」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

五罪
ござい

中国の律における基本的刑罰杖徒流死(ちじょうずるし)の五刑を、日本の律では、五罪と改めて受け入れた。したがって、たとえば中国で笞刑とよんだものを、笞罪と称したのである。日本では古くより刑罰を「つみ」と称する伝統があったので、これによって、五刑を五罪と改めたのであろう。笞、杖はいずれも棒で打つ刑であって、その数(笞は10~50、杖は60~100)によってそれぞれ5等ある。なお笞は細く、杖は太かった。徒は一定の労働に服さしめる。流は配所に移送して1年間労務に服さしめたあと、その地に本籍を移させる。死には絞と斬(ざん)とがあったが、斬のほうが重いとされた。刑のことを罪とよんだことは、江戸時代でも死刑の一種を死罪と称したように、明治のごく初年まで続く。[石井良助]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

五罪の関連キーワード正刑・閏刑佐倉惣五郎石井良助予備罪流刑禁獄斬罪五刑

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

五罪の関連情報