コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五罪 ゴザイ

3件 の用語解説(五罪の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ご‐ざい【五罪】

五刑(ごけい)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ござい【五罪】

五刑(笞・杖じよう・徒・流・死)に相当する罪。
五刑 」に同じ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

五罪
ござい

中国の律における基本的刑罰の笞杖徒流死(ちじょうずるし)の五刑を、日本の律では、五罪と改めて受け入れた。したがって、たとえば中国で笞刑とよんだものを、笞罪と称したのである。日本では古くより刑罰を「つみ」と称する伝統があったので、これによって、五刑を五罪と改めたのであろう。笞、杖はいずれも棒で打つ刑であって、その数(笞は10~50、杖は60~100)によってそれぞれ5等ある。なお笞は細く、杖は太かった。徒は一定の労働に服さしめる。流は配所に移送して1年間労務に服さしめたあと、その地に本籍を移させる。死には絞と斬(ざん)とがあったが、斬のほうが重いとされた。刑のことを罪とよんだことは、江戸時代でも死刑の一種を死罪と称したように、明治のごく初年まで続く。[石井良助]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

五罪の関連キーワード五刑五家互恵語形五派神護景雲墨刑語形論五渓宮田五渓

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone