コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五音相通 ゴインソウツウ

デジタル大辞泉の解説

ごいん‐そうつう〔‐サウツウ〕【五音相通】

昔の音韻学の用語。悉曇(しったん)学の影響を受け、国語の音韻変化を説明するために、五十音図の同じ行の音は互いに通用するという考え。「スメラギ」と「スメロギ」、「イヲ」と「ウヲ」の類。現在ではそれぞれの変化の由来が明らかになったものが多く、この考え方は行われない。同音相通。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

五音相通の関連キーワード悉曇通音転語

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android