五音相通(読み)ゴインソウツウ

デジタル大辞泉の解説

ごいん‐そうつう〔‐サウツウ〕【五音相通】

昔の音韻学の用語。悉曇(しったん)学の影響を受け、国語の音韻変化を説明するために、五十音図の同じ行の音は互いに通用するという考え。「スメラギ」と「スメロギ」、「イヲ」と「ウヲ」の類。現在ではそれぞれの変化の由来が明らかになったものが多く、この考え方は行われない。同音相通

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ごいん‐そうつう ‥サウツウ【五音相通】

〘名〙 (五音とは五十音図中各行の五つの音をいう)
① (━する) 昔の音韻学用語。日本古来存在している音韻現象から帰納して発生した、国語の音韻変化を説明しようとする理論。五十音図の同じ行の音が互いに通用し合うという考え。また、それらが互いに通用し合うこと。「さけ・さか(酒)」「ま・み・め(目・見・眼)」の類。今日では音変化の由来が明らかにされるものが多く、全体的にはこの考えは否定されるが、一定の限度内では音韻変化の現象の一つとして認められている。五音竪通(ごいんじゅつう)
※仙覚抄(1269)一上「さけをさかといふこと五音相通なれば、いづれもたがふべからず」
② 和歌、連歌(れんが)で句の移り目に五十音図の同行の字を継いで、音調をととのえる技法。五音連声(ごいんれんじょう)とともに秘伝とされた。〔知連抄(1374頃)〕
③ 誤って、連声(れんじょう)を呼んだもの。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)二「延引(えんにん)だの、観音(くゎんのん)だのと、あいうえをの上へ、むの字が乗れば、五音相通(ゴインサウツウ)で」

ごおん‐そうつう ‥サウツウ【五音相通】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android