コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

延引 エンイン

大辞林 第三版の解説

えんいん【延引】

( 名 ) スル
〔「えんにん」とも〕
物事が予定より遅れること。また、遅らすこと。 「其れが為めに自然訴訟も-する恐があるからと/良人の自白 尚江

えんにん【延引】

「えんいん」の連声。 「今日まで-なしたりしが/当世書生気質 逍遥

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

延引の関連キーワード緣・円・冤・厭・園・圓・堰・塩・婉・媛・宛・宴・延・怨・捐・掩・援・沿・淵・演・炎・焉・焔・焰・煙・燕・猿・縁・艶・苑・衍・遠・鉛・鹽允・印・咽・員・因・姻・寅・引・慇・殷・淫・胤・蔭・院・陰・隕・隠・隱・音・韻・飲大嘗祭(だいじょうさい)禁中并公家中諸法度クレメンス[7世]シベリア抑留問題オールコック当世書生気質メートル法日米交渉教皇選挙南部重直覇権条項東福門院ロード餅酒連声鉄漿

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android