コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井口基成 いぐちもとなり

百科事典マイペディアの解説

井口基成【いぐちもとなり】

ピアノ奏者,音楽教育家。東京生れ。東京音楽学校を卒業後,1930年―1932年フランスでイブ・ナットに師事。帰国後は独奏家として活躍するとともに母校教授も務めた。
→関連項目桐朋学園

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井口基成 いぐち-もとなり

1908-1983 昭和時代の音楽家。
明治41年5月17日生まれ。ピアノ高折宮次らにまなぶ。フランス留学後,昭和9年母校東京音楽学校(現東京芸大)の教授。活発な演奏活動のかたわら音楽の早期教育を提唱して,斎藤秀雄らと「子供のための音楽教室」(のち桐朋学園大に発展)を創設。18年芸術院賞。日本演奏家連盟理事長。昭和58年9月29日死去。75歳。東京出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

井口基成
いぐちもとなり
(1908―1983)

ピアノ奏者、教育家。東京生まれ。1930年(昭和5)東京音楽学校を卒業し、同年フランスに留学、イーブ・ナットらに学んだ。帰国後はバルトーク、スクリャービンなど多くの難曲の日本初演を手がけ、わが国初のスケールの大きなピアニストとして活躍した。第二次世界大戦後は、連続演奏会「古典より現代へ」などの活動を続けるかたわら、1948年(昭和23)には斎藤秀雄(ひでお)らと「子供のための音楽教室」を設立、以後これを発展させて、1961年の桐朋(とうほう)学園大学創設にまで尽力した。彼の導入した新しいシステムの音楽教育のもとから、優れた音楽家が輩出している。1942年芸術院賞、1949年毎日音楽賞などを受賞。また多くのピアノ作品の楽譜校訂にも功績があった。[川口明子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

井口基成の関連情報