コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

交通安全対策基本法 こうつうあんぜんたいさくきほんほう

3件 の用語解説(交通安全対策基本法の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

交通安全対策基本法【こうつうあんぜんたいさくきほんほう】

交通安全に関し,国・地方公共団体,および車の使用者,運転者,製造者などの負うべき責任を規定した法律(1970年)。さらに交通安全対策会議(中央,都道府県市町村)を置いて必要な組織を整備し,公費による財政援助を図ると規定。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

こうつうあんぜんたいさくきほんほう【交通安全対策基本法】

陸上交通,海上交通航空交通の各分野にわたって,交通安全対策の総合的かつ計画的な推進を図ることを目的として定められた交通安全に関する基本法(1970公布)。高度経済成長政策を背景とした道路交通事故の激増に対処するために,従来関係省庁が個別的に行ってきた交通安全行政の総合調整と計画的遂行を図るために制定された。同法は,(1)国・地方公共団体,車両等の製造者・使用者・運転者,歩行者,住民の交通安全に関する責務,(2)国・都道府県・市町村に置かれる交通安全対策会議の組織と事務,(3)交通安全基本計画の作成および公表,(4)交通安全に関する国と地方公共団体の基本的施策などを定めている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

交通安全対策基本法
こうつうあんぜんたいさくきほんほう

交通安全対策の総合的、計画的な推進を図ることを目的として1970年に施行された交通安全対策の基本法。昭和45年法律第110号。国・地方公共団体、車両・船舶・航空機の使用者、車両の運転者、船員、航空機乗組員などの責務を明らかにするとともに、国や地方公共団体を通じて必要な体制を確立し、交通安全計画を策定するなど、交通安全に関する施策の基本を定めている。[天野和治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

交通安全対策基本法の関連キーワード陸運海上封鎖管制塔交通警察交通麻痺海上交通安全法航空交通管制部交通路SLOC海上交通センター

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone